就職・進路

卒業生からのメッセージ(2013年度)

充実した少人数教育

高校生の頃から、将来は自分の強みを生かして世の中の役に立つことがしたいと考えていたので、 得意な数学の知識を高めていける数理システム学科を選びました。40人ほどの少ない学科だったため、 学生一人ひとりが細かな学習指導を受けられただけでなく、勉強以外での先生方との思い出も沢山作ることができ、とても充実した学生生活でした。

実践に近い研究

大学院では、津田博史教授の指導のもと、金融工学を用いて地方自治体の破綻リスクの研究を行いました。 研究で得た知識や経験は、就職活動のときにも役に立ちました。

数学を生かして世の中の役に立ちたい

夢や目標を持った方の役に立ちたいという思いから、就職活動を始めました。 結果として三菱東京UGJ銀行に女性でありながら、総合職の立場で働くという目標を達成できました。 将来の夢は、ニーズに合わせた資金調達手法や財務改善手法を提案し、うまく資金を循環させて地域や国にも良い影響を与えられるような仕組みを生み出すことです。