就職・進路

卒業生からのメッセージ(2014年度)

数理システム学科を選んだ理由

数学が好きで、数学の起源や高校まででは習ってこなかった定理などを学びもっと深く数学を知りたいと思ったから数学科を選びました。さらに数理システム学科は新しい学科で、ITの授業が多くありました。その為、IT化が進んでいる社会で生きる上で役に立つと思いこの学科を選びました。

学生時代に力を入れたこと、および、思い出

ボーリングです。数理システム学科の友達とチームを組み、県大会2位の記録を残しました。数理システム学科では、テストや課題など多くの勉強が求められましたが、それらも同期の仲間たちと一緒に乗り越えることで、勉強をするときは勉強に集中し、ボーリングをするときは勉強のことはきっぱり忘れてボーリングに集中していました。ボーリング大会で好成績を残し、勉学でも好成績を残せたのは、しっかりと切り替えをし、友達と高めあって来たからだと思います。

修士論文の簡単な紹介

地方自治体が財政破綻する可能性がどれぐらいあるのかを推定する研究を行いました。地方債の実際の価格と理論的に求めた価格の差に注目し分析を行い、最終的に自治体の財務指標から財政破綻リスクを推定できるようにしました。結果、歳入に占める地方税収入の割合が低かったり、人口あたりの貸付金額が多かったりする自治体は財政破綻リスクが高いことがわかりました。

将来の夢

私は、大学院に行ったにも関わらず、営業職という文系就職の道を選びました。理由は、自分の性格と統計ファイナンス研究室で学んできたことを踏まえると、金融の世界で専門性をつけつつも人と接する仕事が向いていると思ったからです。数学科というのは色んな分野に就職ができます。そんな無数の可能性を秘めた学科に入って本当に良かったと思っています。この学科に入ったからこそ自分に合うと思えた金融界での営業職でトップクラスの営業ウーマンになりたいです。