就職・進路

卒業生からのメッセージ(2015年度)

数理システム学科を選んだ理由

「数学は社会でどのように活用されているのか」という問いに対する答えを見つけるためです。高校生時代の私は数学に興味を持つ一方で、数学なんて社会にでれば使わないじゃないかという言葉を何度も耳にしたことから、数学は有用な学問なのだろうかと疑問を持っていました。そこで、自分が好きだった数学を社会で生かす方法を学び、数学は社会に必要ないと言っていた人たちをぎゃふんと言わせてやろうと思い、本学科を志望しました。

数理システム学科の思い出

試験前になると、同期の仲間と大学に遅くまで残って勉強を教えあったり、下宿生の家に泊まり込んで勉強合宿を行っていたことが一番印象深い思い出です。大変な試験をともに乗り越えてきたことで絆も深まり、仲の良い友達がたくさんできました。

学生時代に力を入れたこと

個別指導塾での塾講師のアルバイト経験です。生徒に数学を好きになってほしいという思いの下、指導に励みました。生徒の小さな進歩は、私にとって日々のやりがいとなり、長く続けられました。

就職活動について

金融業界、特に銀行の総合職を中心に活動しましたが、たくさんの企業を見て回れるのはこの時期しかないと思っていたので、他業界のイベントにも積極的に参加していました。振り返ってみると毎日が社会見学のようで、自分なりに楽しめた就職活動だったと思います。

将来の夢

文系学部出身の同期が多い中で、数理システム学科で学んだことを活かしていきたいです。実社会における数学の必要性を、背中で語れる女性になれるよう精進いたします。