インフォメーション

2017年度(第16回)日本数学会解析学賞

竹井義次教授が2017年度(第16回)日本数学会解析学賞を受賞。

業績題目:完全WKB解析による線型・非線型微分方程式の漸近解析
英文題目:Asymptotic analysis of linear and nonlinear differential equations with exact WKB analysis


2017年度日本数学会解析学賞の受賞者

竹井義次教授のコメント

 日本数学会解析学賞が授与されると聞いて、非常に驚いています。 私の業績は共同研究が多く、また完全WKB解析という専門分野も解析学の中で 決してメジャーな分野ではありませんが、この受賞により、こうした共同研究 や専門分野が学会に認められたことになり、大変うれしく思っています。 若い人達と一緒に、これからもより一層研究に励んでいきたいと思います。

 竹井教授 解析学研究室紹介